イギリス生活おもしろ発見!

トップページ | おもしろ発見 | 観光地ご紹介 | 便利情報 | リンク集 | プロフィール

おもしろ発見アイテム No.Papa009: イギリスのキャッシュディスペンサー

〜寒い国だけれど、機械は外でがんばってます〜

カード社会のこの国、街のあちこちで「キャッシュディスペンサー」を見つけることが できます。銀行、スーパーマーケット、ロードサービスエリア、ガソリンスタンド、・・

どこでも特徴的なのは、「外にあること」です。銀行でも行内ではなく外側の壁に設置し、 営業時間内であっても、お客さんは外側から利用します。

これも「安全」が理由だそうです。
外側にすることで人目につきやすくし、現金引き出し時の強盗などをさせにくくしています。
(室内小部屋形式だと、数人に入り込まれ囲まれたらアウト。人目にもつきにくい)

大きな都市では、小部屋形式のディスペンサーもたまに見かけますが、その場合でも キャッシュカードを読み込ませて入り口のドアロックを解除しないと入れないようになって おり、通りがかりでの犯罪を防ぐよう工夫しています。

赴任当初は、みんなが見ている中で現金を引き出すのが憚れましたが、最近は慣れました。 24時間営業のところも多くて、たいへん便利です。

しかし、気温が低く、雨風が強いこの国で機械を外側に設置することはたいへんな挑戦だと 思います。金曜などディスペンサーの利用者が多いときは、ディスペンサーの前に5〜6人 並ぶこともよくあります。たとえ真冬でも・・・・英人は「並ぶ」のを苦としないんです・・・

写真を見て、通行している女性・男性に注目したあなたへ・・・

ある調査によると、ここニューキャッスルは「英国内で2番目に”グラマーな女性が多い” (胸囲基準)」町だそうです。(腰もちょっと太めですが・・・)
また、「上半身がっしり+短髪」のイカした男性が多いとも言われています。

機会があれば、ロンドン訪問の際に少し(?)足をのばして、ぜひご自身でご確認ください。


Copyright (C) 2006 UK omoshiro.com All rights reserved.