イギリス生活おもしろ発見!

トップページ | おもしろ発見 | 観光地ご紹介 | 便利情報 | リンク集 | プロフィール

おもしろ発見アイテム No.Son004: イギリスの歯磨き習慣

〜 1日2回だよ! 〜

以前のアイテムでもコメントしましたが、英国人は後に残る建物や増改築 にはお金をかけますが、後に残らない食事については贅沢を求めない ようです。

ですので、食事も簡単ですがそれと合わせて、間食もよく取ります。
この間食とそれに関わる歯磨きの習慣について書いてみますね。

1)会社での間食

Officeでも間食をする人が多く、時間も日本のように「3時頃」と、決まって いるわけではなく、午前・午後、気が向いた時に間食をする人をよく見か けます。

ポテトチップをポリポリ食べる人もいればチョコやバナナなど、人それぞれ に好きなものを間食してます。

中には、りんごをかじりながら午後の会議に参加している人さえいるんです。
はじめて見た時はショックでした。

英人はこれらの間食を自然な行為と考えているようで、「失礼」や「行儀悪い」 とは思っていないようです。

空腹になり、食事を取れる時に取っておくという行為は、戦争の歴史がある 国だからあるのでしょうか・・・?
本当の理由はよくわかりません。

2)家庭の間食

お父さんがこのような習慣を持ってるのですから、当然その家族も間食の習慣 を持っているケースが多いと言われています。

主婦の中には、午後はずーと間食しながら、ソファに寝転んでテレビを見ている 人も多いと言われ、これが肥満者の多い社会になった大きな要因のひとつとも 考えられます。

お母さんが間食をすれば息子や娘も当然しますよね。運動好きな子どもは ほどほどの体系を保ちますが、そうでない子どもの中には、ビックリするよう な太い体系の子どもも良く見かけます。

こちらの子どもを見ていると、日本人は細身な国民、言い方によっては 「やせ過ぎ」の国民に見えてきてしまうくらいです。

3)虫歯

間食を繰り返していれば虫歯が増えます。事実、歯の治療費は英国でも大きな 問題の一つになっています。

英国は「揺りかごから墓場まで」と言われるくらい社会保障が整備された国で NHS(National Health Service:日本で言う国民健康保険)のサポートが充実し てます。NHSに入っていれば、一般の診療費や薬は無料でサービスが受けられ ます。

しかし、それだけサービスが充実しているNHSでさえ「歯の治療」については、 予算でカバーできないため、一部患者負担としており、歯の治療費の多さに 頭を悩ませているんです。

4)歯磨き促進

歯の治療費を抑える一つの対策として、国でも「歯磨き促進」の取り組みを やっているのは日本も英国も同じと言えます。

先日、Year2(小学2年)の次男が学校で「歯磨きのやり方」を習って、その時 に「Abc of Health Teeth」という案内をもらってきました。

Always keep all sugary foods and drinks for mealtimes

→日本なら「おやつの時間だけに・・」と言うところですが、こちらは 「食事の時だけ・・・」です。いかに間食が多いか分かりますね。

Brush your teeth morning and night

→1日3回ではないんですね・・・・・

Come to the Dentist every six months

→Teeth checkは大人も子どもも無料です。でも、前回のcheckでは 明らかに虫歯があるのに「You have no problem!」と言われて しまいました。

このような習慣の歴史があるためか、歯科治療のレベルも日本に比べると 低くて粗いので、十分な治療を受けられずに困っている日本人も多いん ですよ。

歯で困るのは結局自分ですから、皆さんも自分の歯は大切にしましょうね!

Copyright (C) 2006 UK omoshiro.com All rights reserved.