イギリス生活おもしろ発見!

トップページ | おもしろ発見 | 観光地ご紹介 | 便利情報 | リンク集 | プロフィール

おもしろ発見アイテム No.Son005: イギリスのハロウィーン

〜 お菓子がもらえるんだよ! 〜

毎年10月31日は"Halloween"です。
日本の街でも飾りつけをして祝っているお店も増えてきたようですが、 英国ではもちろん大騒ぎです。

1.Halloweenって?

Halloweenは紀元前からイギリスに住んでいたケルト人の宗教的行事で 日本で言うとお盆である「万聖節」の前夜祭だと言われています。
英国にちなんでいたんですね。

毎年10月31日に行われ、祭日ではないので今年(2004年)は平日です。
10月に入ると街や家庭で飾りつけが始まり、今の時期が一番にぎやかです。

ご存知の通り、Halloweenといえばかぼちゃですが、このかぼちゃには 「ジャック」という名前がついています。
正式には「Jack-o-Lantern」と言うんです。

2.スーパーでは

10月に入ると大型スーパーの店頭では、大型のカボチャが山積みになって 売られます。

普段は見ない大きさだけに迫力があります。

また、各お店にはハロウィンコーナーも現れて、変装用のお化けの服や小道具 などさまざまなグッズが売られます。一面オレンジ色のコーナーが目を引き ます。

お菓子コーナーでもHalloweenにちなんだものが並び、「これ食べられるの?」 と思うようなグロテスクなお菓子もあるんですよ。

3.当日は・・・

昨年は、こちらの生活にも慣れてきた息子たちが、「お菓子がもらえる!」と いう期待に胸を膨らませて、お化けのお面と簡単な衣装を着けて近所を4件ほど 周りました。

「あまり暗くなると危ないかな?」と思って我が家は暗くなりかけたころに回り ましたが、ピークはもう少し後でした。

7時過ぎ頃でしょうか、辺りが暗くなったあと、我が家にも仮装をした子供たち が続々とやってきました。

それも、仮装が楽しい!

ゴリラやお化けの格好をした子供もいましたが、フェースペイントまでして Witches(魔女)になりきってきた女の子3人組には感動しました。

また、要領が良い子はお菓子入れ用にバケツをぶら下げて来ます。
Halloween用のオレンジのバケツまで売ってるんですよ。
なるほど、これならお菓子がいっぱい入ります!

4.親もまわってます

イギリスでは12歳未満の子供だけを家に残して出かけたり、保護者無しで 外出させることが禁止されています。保護責任ですね。

なので、Halloweenで子供が近所の家を回るときにも、親がついて来ます。

訪問先の玄関まで来るのは子供たちだけですが、親は道路から見守っています。
多くの家を回る子供の親も楽ではないですよね・・・

英国では10月の最終日曜日に夏時間が終わり、長い夜の冬が始まります。
ちょっと寂しさを感じる時期だけ、「Halloweenで楽しんじゃおう!」という気持ち になるのかもしれません。

今年も、どんな子供たちが来るのか楽しみです。

 Happy Halloween!

Copyright (C) 2006 UK omoshiro.com All rights reserved.